星のロミが使っているアクセス解析「Yandex Metrica」なぜGoogleアナリティクスじゃないの?

ウェブサイトのアクセス解析サービスとしてメジャーなのは「Google アナリティクス」であると思います。いろんなサイトのソースをみても、ほとんどがGoogleアナリティクス。

最近私は「漫画村が復活した!」と話題になっている「星のロミ」というサイトの解析をちょくちょくしているのですが、どうやらこのサイトはGoogleアナリティクスではなく別の解析サービを使用しているようです。

タグがGoogleアナリティクスのものと違うのがわかると思います。調べてみると、「Yandex Metrica」というアクセス解析ツールのようです。今回このサービスの存在を初めて知ったので調べてみました。

Yandex Metrica

Metricaのデモバージョンがあったので、ちょっと覗いてみました。ユーザーの推移やトラフィックソースのデータが表示されています。

使いやすそうだし、Googleアナリティクスとさほど変わらないように思いました。

ちょっと気になったのが、上の画像のサイドメニューにあるSession Replayというやつ。

これが凄い機能だった!

メニューからSession Replayをクリックするとこんな画面になる。

なんか再生ボタンみたいなやつがある!

察しが良い方は気づいたと思いますが、これは

サイトでのユーザーの行動をリプレイできる機能!

行動をリプレイできる

ユーザーのマウスの動きをみたり、任意の時間のリプレイをみたりすることができます。

気になる人はYandex Metricaから[Try live demo]をクリックして試してみてください。

ユーザーがどんな行動してるのかがめちゃくちゃわかりやすく把握できますね。

これは凄い機能・・・!

なぜ星のロミはMetricaを使っている?

そもそもなんで星のロミはGoogleアナリティクスじゃなくてYandex Metricaを使っているのか・・・。

私の考えですが、リプレイ機能目的ではない、と思います

ユーザーの行動をとてもわかりやすく把握できる機能ですが、星のロミでやることといったら漫画をあさってビュワーでマンガのページめくるくらいしかないと思うのです。

わざわざリプレイして確認するほどのことではないですよね・・・。

完全に憶測ですが、メジャーなサービスを避けているというのが考えられます。

まず、星のロミ管理人がアップデート情報やメンテ情報を発信するのに使っているのはGabというTwitterっぽいサイト。

こういうのってTwitterでやるのが一般的だと思うんですけど、星のロミは違うものを使っています。(以前はTwitter使ってた・・・?わからない。情報ほしい。)

7/7追記:星のロミの管理人がTwitterのアカウントを作成したようです。@hoshinoromi_PR サイトに緊急事態が起きたときのみ使用するとのこと。

CDNで有名なのはCloudflareだと思うんですが、WebSocketサーバのCDNは別のものを使用していたり。(調査した記事は以下のリンクから)

アクセス解析に関しても、Googleアナリティクスを避けてYandex Metricaを使っているのか・・・?

まあゆーてMetricaも無名なわけではないですけどね。あのYandexのサービスですから。

詳しいことはわかりませんが、星のロミはいろいろ特殊だな~って思います。だからこそ新しい発見とかがあって面白いっていうのもあって個人的にはとても興味があります笑

これからも新たな発見とかがあれば記事を書いていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする